曇の湿度上昇と無自覚な脱水症状によりお酒が頭痛を促進

wine-890370_1280.jpg

低気圧や肩こり持ちの方々にはお馴染みの頭痛。私は頭痛に苛まれることはないので、頭痛持ちの方々の辛さというのが身にしみてはいませんでした。
とはいえ、頭痛になったことがなかというとそんな事はありません。二日酔いの頭痛は体験しています。
二日酔いの頭痛もそうなのですが、先日たった一杯のお酒を呑んだ夜中に頭痛に襲われました。
先程も書いた通りたった一杯しか呑んでいないのに頭が痛くなるなんて・・・。ふとこの頭痛の仕組みを考えた時にある事に行き当たりました。

その日の生活を振り返る

頭痛が起きる日(前日にあたるのかな)私自身の当日の生活を振り返えるとお酒を呑む時間までコップ1.5杯ぐらいしか水分を取っていませんでした。
また食事も冷凍してあったトンポーロー一個でした。この日は自宅で仕事をしていた事もあり外出することもなく使っていたのは指と頭だけなので省エネ生活をしていました。この省エネ生活がまずかったようです。ついでにいうと、晩御飯(1杯のお酒を飲む)前にシャワーを浴びました。

察しのよいあなたはすでにお気づきかもしれません。そう、圧倒的に水分が足りないのです。

元来水分をあまり取らない生活をしていた

実は水分を摂り過ぎるとお腹が一杯になることが多く、ヘタすると逆流して反芻しちゃうなんてこともあり、自分は水分が多い体質または水分少量でも生きていける省エネ体質なんだと勝手に思っていました。もちろん、運動した時はガブガブ水分(電解質系飲料含む)を補給していて、身体にとって水分が大切ということは重々承知していましす。

人間が必要とする1日当たりの水分量は体重を30で割った値が必要とする水のリットル数になります。
例えば体重が60 kgの人の場合は、約2リットルということになるのです。
他にも水の必要摂取量を引き出す計算式はありますが、毎食きちんと食べて1.5リットル~2リットルが普通の水の摂取量になります。

多いと感じるかもしれませんが、一度に飲むのではありません。
一度に飲んだら胃酸が薄まり体調を崩しかねません。
大体200mlを目安に細目に飲むように心がけましょう。

引用:人間が1日に必要とする水の量は?

というような情報って各所いたるところで言われてますが、私は動かない時に水分取っても身体に溜まるだけだから意味無いのではと思い込んでいました。
頭痛が起きた日はこの考えが致命的ということを理解した瞬間は時既に遅しでした。

湿気の多い日は脱水症状にご注意

8月29日は雲の多い日でした。しかしながらこの日は湿度が多く、熱中症に注意ということでした。

熱中症は気温だけで判断してはいけません。湿った空気の影響で全国的に湿度が高く、気温以上に熱中症に警戒が必要となるでしょう。

引用:土日は湿度による熱中症に厳重警戒
この予報に気がついていれば、キット水分をコップ1.5杯しか呑まないというような愚行を行わなかったと後悔しました。

極めつけはやっぱりお酒。少量でも。

後悔先に立たずとはよく言ったもので、今後このような愚行を行わいことが大切なわけですが、最後の審判を下したのがまさかお酒だったとは、思いもよりませんでした。
なぜお酒が最後の原因なのかというと利尿作用と血管収縮です。

ビールによる利尿作用

お酒を嗜まれているあなたなら、お酒を呑むとトイレが近くなることを一度や二度以上に経験をされていると思います。
御多分にもれずこの利尿作用がトイレの回数を増やし、水分が排出されていきます。そもそもこの利尿作用は肝臓の調整をするために起きている現象なのですが、私自身が身体に気を配って水分を取っていなかったために残しておかないとイケなかった水分をごっそり排出してしまったわけです。

利尿作用については天下のアサヒビールさんのサイトでも確認することができます。

アルコールによる血管収縮

アルコールに含まれている成分には気分を高揚させる成分がありますが、これが長く続くと血管が炎症を起こし頭痛の元になるそうです。たった一杯で頭痛になるとかホント不幸が重なっているとしか思えませんでした。

今回の頭痛は起きるべくして起こった現象なのだと改めて実感しました。

頭痛を解消した方法

生まれてこの方二日酔いした事がないわけではないので、自分なりの解消法というのがあります。それはシャワーとお風呂のコンボです。

脱水症状になっているのにシャワーとお風呂って、死地に飛び込むようなもんじゃない?って思われるかもしれませんが、水飲んでから入ればいいんです(え)。何をしているかというと所謂血行促進をさせるようにしています。これによって体内のアルコール分解能力が活発になります。
なお、熱いシャワーを浴びてからお風呂に入るのが大事です。お風呂から入っちゃうと気持ちよくて溺れちゃうので気をつけてください。

実はラムネもええらしい

知人に聞いた話しなのですが、ラムネも二日酔いに効くらしいです。
ラムネに入っているブドウ糖・片栗粉・クエン酸という成分を含んでおり、特に脳のエサとなるブドウ糖がたっぷりと含まれているのです。これが二日酔いに効くらしいので今度試してみようと思います。

余談ですが、NAVERにもまとめがあったので貼っておきます。

※本サイトに記載されている画像および製品名、会社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

この記事へのコメント